障害年金の受給額

(1)障害基礎年金

障害等級   年金額(平成28年度)
 障害基礎年金1級  975,100円
 障害基礎年金2級  780,100円

子供がいる場合は以下の金額が加算されます
子供の条件・・・18歳になった年の年度末(3月31日)までの子供、または、1級または2級の障害を持つ20歳未満の子供

 対象者  加算額(平成28年度)
 2人目までの子 1人につき 224,500円
 3人目以降の子  1人につき74,800円

※自治体から児童扶養手当を支給されている世帯では、この加算を受け取ることができません。どちらか選択して受給することになります
新潟市の児童扶養手当について書かれたページ


(2)障害厚生年金

障害厚生年金は、障害基礎年金に上乗せして支給されます

 障害等級  年金額(平成28年度)
 障害厚生年金1級  975,100円+報酬比例部分の年金額の1.25倍
 障害厚生年金2級  780,100円+報酬比例部分の年金額
 障害厚生年金3級  報酬比例部分の年金額
(最低保障585,100円)
 障害手当金  報酬比例部分の年金額の2倍(一時金)

報酬比例の年金額は、以下の計算式から求められます。

   A=平均標準報酬月額 X 7.5/1000X C (平成15年3月以前の厚生年金保険の加入月数)
   B=平均標準報酬額X 5.769/1000X D (平成15年4月以後の厚生年金保険の加入月数)

      障害厚生年金の額 = (A + B) X 1.031 X 0.978 

   但し、(C)と(D)の合計月数、全厚生年金加入期間が300月に達しない場合、上記の計算式の数値に 300/(c)+(d)を乗じて算出された額となります。
 例 : (C)+(D)=128月の厚生年金加入期間がある方なら、計算すると以下のようになります。
   128月加入の障害厚生年金額 =(A + B)X1.031X0.978×300÷128月
(50歳以上で、厚生年金加入期間が300月以上の場合は、送付された「年金定期便」に記載されている報酬比例の額が、ほぼ障害厚生年金2級の金額になります)

子供がいる場合の加算額は、障害基礎年金の加算額として支給されます(障害基礎年金参照)

配偶者がいる場合は222,400円加算されます(1級、2級のみ)
配偶者の条件・・・1級、2級の障害厚生年金を受給している方に、生計を維持されている65歳未満の配偶者

ホームへ戻る

障害年金の基礎知識

障害年金受給の要件


新潟市の障害年金相談所

年中無休何度でも相談無料
電話受付 8:00〜19:00
(土日祝日 9:00〜17:00)
メールは24時間受付

電話 025-378-1199

Eメール akihiro-yoshida@yoshitomi-sr.com

お問い合わせフォーム

事務所周辺の地図

新潟市西区五十嵐二の町8414-2


事務所の写真です
お車でお越しの方は、建物右手の空き地に駐車してください