障害認定基準

各傷病とも 大雑把な考えとして
ベッドに寝たきりの状態・・・・1級
生活範囲が、ほぼ自宅や病棟内、施設内の場合・・・2級
軽労働はできるが、一般的な労働はできない・・・・3級
以上の点を考慮いただいたうえで、認定基準を読むとわかりやすいです

※ただし、働いたからといって、ただちに受給している年金が停止になったり、受給権がなくなったりすることはありません。障害年金の等級は、障害の程度で決定されます

※精神障害以外の障害の基準は、働いているからといって受給できないと言うことはありません。
 例えば、眼の障害で2級受給している人がフルタイムで働いている例はありますし、人工透析をしていて2級の障害年金受給している人でも、透析を夜やっている病院で行い、昼間働いている人もいます。車椅子の状態でもフルタイムで働いている人はいます。
 上記の考え方は、あくまで認定基準読む上での大雑把な考え方です

傷病別認定基準についてはこちらをご覧ください



ホームヘ戻る


新潟市の障害年金相談所

土日対応
裁定請求の相談は何度でも相談無料



電話受付 8:00〜18:30
(土日祝日 9:00〜17:00)
メールは24時間受付
月曜定休



電話 025-378-1199

Eメール akihiro-yoshida@yoshitomi-sr.com

お問い合わせフォーム

事務所周辺の地図


事務所の写真です
お車でお越しの方は、敷地内の駐車スペースにお止めください。